組合について
 
 

小野市とその周辺地域で製造される「播州そろばん」はその長い歴史と伝統技術が認められ、昭和51年、通商産業大臣から伝統的工芸品の指定を受け、更に吟味した材料を用い、高度の伝統技術を受け継ぐ伝統工芸士の手作業で一つ一つ丁寧に作り上げ、誇りと責任を持って皆様方に使っていただいております。
そろばんが我が国で日常生活に使われ始めたのは、文禄年間とみられます。当時の数学者毛利勧兵衛重能が京都二条京極で「天下一割算指南」という道場を開き、多くの人々にそろばんを教授し、全国に普及するきっかけとなりました。
わが国のそろばん製造は、大津地方に始まりました。天正年間に豊臣秀吉が三木城を攻略した際、大津地方に逃れた住民が、大津そろばんの製造法を習得し、彼らが小野周辺に帰郷してそろばんの製造を始めたことが播州そろばんの起源となりました。
うろこぼそなど繊細な技術を生かして組み立てた算盤は、その使いやすさ、玉のはじきの良さに加え、磨き上げた美しさはまさに工芸品としての価値を備えています。なだらかな播磨平野の一角に位置する算盤と金物の町「小野市」。何といっても日本一の生産量を誇る「そろばん」が自慢です。なぜ小野市が算盤生産日本一なのでしょうか。それは、昔から培われた伝統の技術と算盤づくりに適した温暖な気候が相まって、作り上げられた品質の良い算盤が多くの皆様に愛用されているからです。